ご縁がありまして、とあるイベントを見に横浜まで行ったのですが、初めて生「つのだ☆ひろ」さんを見ました。

 

 

 

 

会場は超満員。

 

 

 

本人登場で

 

 

 

ウオ〜!

 

 

 

と大歓声。

 

 

 

 

1曲目のイントロが始まり、ややざわついていた会場が静かになる。

 

 

 

 

メリー・ジェーン・・・

 

 

 

 

 

と歌い出すと会場が、

 

 

 

 

 

 

ウワ〜!

フゥ〜!!

 

 

 

 

 

とたった1秒で超大盛り上がりです。

 

 

 

 

 

その存在感、歌声、さすが過ぎる・・・。

 

 

 

 

しかし、スゴイのは歌だけではありません。

 

 

 

 

ドラム、凄すぎです!!

 

 

 

 

びっくらこいて椅子からひっくり返るかと思いました(懐かしい言い回しだなw)

 

 

もう身を乗り出して見ていました。

 

 

違うのです、叩き出すリズムが!

 

 

1小節で、いや1拍のフレーズで、いやいや、たった1音叩いただけで音が違う!

 

 

 

その音で叩き出すビートはそう、まるで

 

 

 

 

生きているようです!

 

 

 

 

そうなんです、生命力を感じるんですよ!

 

 

 

安定感があるとか、ドッシリとしたリズムとか、そういう次元じゃないんですよね。

 

 

 

ドラムが喋ってるみたいな感じ。

 

 

 

一発だけ叩いても凄く生き生きとした音。

 

 

まるで表現力が豊かなピアニストが鍵盤を叩くような。

 

 

その音でリズムを叩くのですから、それはもう至福の時間ですよ。

 

 

 

ドラムを叩いただけなのに人柄がわかるというのか、自己紹介をされているようでもありました。

 

 

 

 

リズムマシンやクリックに合わせた硬いビートじゃない、まさに人間力が生み出すビート。

 

 

 

見に行って良かった!!

 

 

 

至福の時間を過ごして帰ろうかと思ったら、ローディ時代にお世話になった元P社の吉沢さんと遭遇!

 

 

なんとなんと、吉沢さんのはからいで、つのだ☆ひろさんを紹介してくださいました!

 

 

HM

つのだ☆ひろさんと(^o^)

ym

吉沢さん、お世話になっております!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんという幸運!

 

 

 

 

実はローディをやっていた20数年前、ひぐっつぁんと一緒に、パール楽器とつのだ☆ひろさん主催のサマードラムスクールに遊びに行ったのですが(ひぐっつぁんの運転で汗)、その時に一度お会いしているのです、ひろさんと。

 

1ミリも僕のことは覚えていないでしょうが(笑)

 

 

でも僕にとっては感動の再会であります!

 

 

 

ひろさん、吉沢さん、ありがとうございました!!